注文住宅を工務店に依頼するまでの流れ|良質な業者と工事品質

積み木の家

新しい家を買うメリット

一軒家

京都では結婚して子どもが生まると一戸建ての家を購入する人が多く居ます。一戸建てを購入する際は新築と中古で悩む人が多いですが、予算に余裕がある場合は新築の方が良いといえるでしょう。京都で新築住宅を購入するメリットは複数存在しており、そのメリットを知っておくとで住宅購入時に役立てることが可能です。1つ目の大きなメリットとしては購入する際の税制優遇があるという点です。家を買う場合の諸経費には複数の税金が含まれており、新築の住宅を買えばこの税をいくらか抑えることができます。具体的な例としては固定資産税の軽減などがあり、京都の新築一戸建てであれば3年間、マンションであれば5年間固定資産税が半額となるのです。
これは中古の住宅には設けられていない制度となっています。また登録免許税と呼ばれる税金については中古住宅の半分の割合、不動産所得税は課税標準額から1200万円控除される仕組みとなっています。2つ目のメリットとしては京都の新築住宅には10年間の瑕疵担保責任が義務付けられている点にあります。現代は耐震強度などの問題がよく取り上げるのでこのような保障が充実していれば建造後のトラブルもスムーズに解消することができるでしょう。中古住宅の場合は2年から5年という短い期間になっているのでこちらと比較しても安心です。そして新築住宅であればトイレやお風呂なども全て新品でキレイな状態なので新しい生活を心地よくスタートできるメリットがあるのです。